法人化にすると良いこと

個人事業主が増えてきている昨今ですが、個人事業主から法人化に変更することでどのようなことが変わってくるのでしょうか。
まず大きな違いは、個人と会社という大きな違いがあります。特にメリットが多いのではないでしょうか。
法人は法人登録をしなくてはいけませんので、その会社の財産や経営の状況を公表することになります。
公表することで、取引先に信用してもらうことが出来るのです。

法人登録をすると財産や経営状況を第三者にも分かるようになり、銀行などの融資を受けやすくなりますので資金繰りにも役に立ちます。
個人事業主の場合は資金繰りは個人の裁量で行わなくてはいけません。
多くの個人事業主は、自身のローンやクレジットカードの利用で補っていることが殆どです。
個人事業主になる前、会社などに勤務している場合は、在籍中にローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることで準備をしている人が多いようです。

ですが法人化することで、個人のローンではなく、銀行との融資という形に変わります。
利息なども大きく違ってきますので、出来れば直接銀行と取引をする方が良いでしょう。
銀行にもいろいろありますが、都市銀行や地方銀行よりも信用金庫などの地域の中小企業に根付いた銀行と取引出来る方が、融資を受けやすいといったメリットも出てきます。

もちろん、その為にある程度の資金を定額や定期といった預貯金をすることも、経営を健全化するためにはメリット考えられるでしょう。
銀行と取引が出来て、社会的な信用があれば、仕事の取引先にも変化がでてきます。
法人でないと取引をしない、といった企業は意外と多いものです。
もし個人事業主として取引が出来ても、軽く見られたり、扱われることもありますので、事業をしていく上で法人のメリットの方が大きいのではないかと思います。まずは、法人化するメリットや方法について記載してある【個人事業主のための法人化サポート】というサイトがあるので、参考程度に覗いてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2018 信用性が高い法人化への転換. WP Castle Theme by Just Free Themes